ストーリー

カナダで画家として成功したシングルマザーのスンヒは一人息子のグルと暮らしていた。そんな中、末期の胃がんに侵され6か月の余命宣告を受けた彼女は韓国に帰国することを決意し、かつての恋人でグルの父親でもあるテジュの住む街に引っ越すことにする。ある日、テジュの妻ジウンが金銭トラブルを抱えていることを知ったスンヒ。途方に暮れていたジウンはスンヒに助けられたことで心を開き、何か役に立ちたいと申し出る。そんなジウンに対し、スンヒはグルがテジュの息子であることを隠して母親代わりになってくれるよう頼む。実はスンヒは病気のことを秘密にし、この世に一人残していくグルに家族を作ろうとしていたのだった。最期の瞬間まで息子への愛だけで生きようとするスンヒだったが…。

  • 1

  • 2

  • 3

  • 4

  • 5

  • 6

  • 第1話それぞれの事情

    カナダで活躍する画家ステラ・ハンことハン・スンヒは、一人息子のグルを女手ひとつで育てるシングルマザー。グルを産んで以来、異国の地で必死に働き続けてきたスンヒだったが、末期の胃ガンであることが発覚し、韓国に帰る決意をする。一方、グルの父親であるムン・テジュは妻のソ・ジウンと娘のボナと幸せに暮らしていたが、ジウンの見栄が災いとなり、ボナの教育費と家のローンで家計は借金に借金を重ねる深刻な事態になっていた。

  • 第2話借金の代償

    借金返済の目処が立たなくなり、窮地に陥ったジウンは思い余ってヌード撮影でお金を得ようとする。ところが撮影の途中で怖くなり、スタジオから逃げ出してきたところをスンヒに助けられる。夫に相談出来ず、義妹のセナにも援助を断られて差し押さえが迫る中、近所に引っ越してきたスンヒの歓迎会が開かれ2人は再会する。テジュが昇進するはずだった本部長に着任したカン・レヨンは、上司の立場を利用して既婚者のテジュに接近する。

  • 第3話上司との裏取引

    テジュは企画会議が開かれるペンションに向かうと、そこにはレヨンだけが待っていた。レヨンの策略にはめられたテジュは業務を遂行しようとするが、レヨンの挑発に野心を刺激され、2人は一夜を共にしてしまう。一方で、スンヒに借金を完済してもらったジウンは、そのお礼にグルの身の回りの世話を引き受ける。さっそく手料理を振る舞うなど張り切るジウンだったが、過度のお節介が性に合わないスンヒは距離を守るようジウンに忠告する。

  • 第4話救急搬送

    テジュに結婚記念日の映画デートをドタキャンされたジウンは、ボナの協力を得てスンヒ親子を誘って映画館に行く。渋々付き合うスンヒだったが、仕事のはずのテジュがレヨンと映画館に現れ、それに気づいたスンヒは慌ててジウンを2人から遠ざける。ある日、グルが自宅で留守番をしていると停電になり、怖くなったグルはアトリエにいるスンヒに早く帰ってきてほしいと電話をするが、スンヒは病気の発作で動けなくなり救急搬送される。

  • 第5話13年ぶりの再会

    偶然再会したテジュとスンヒ。お互いの近況を語るも、スンヒはグルの父親がテジュであることを明かすことはなかった。一方、テジュの上着から映画のチケットを見つけたジウンは、日付が結婚記念日であることを不審に思う。さらには自分の前で電話が鳴ったことに動揺するテジュに、ジウンは浮気を疑うようになる。夫を信じようと辛抱するも、浮気相手が気になるジウンはスンヒに付き添ってもらい、2人が会っている展覧会の会場に出向く。

  • 第6話鉢合わせ

    レヨンと一緒にいるところをジウンに見られたテジュは、レヨンとの関係を清算する覚悟を決める。以前からテジュの関わる新規プロジェクトにステラ・ハンの作品を起用したいとオファーを受けているスンヒは、プロジェクトの担当者をテジュにすることを条件に出す。ステラ・ハンが自分であることをテジュに明かしたくないスンヒは、アトリエで居候するジソプに契約の代理人を頼むが断られてしまい、自らテジュの待つ約束の場所へと向かう。